ハドソン川の奇跡を見て来ました

 

先週の土曜日に公開されたばかりの映画「ハドソン川の奇跡」を見て来ました。

 

The Japan Times alpha 9/30号でこの映画を紹介していたのを読んで「絶対に見たい!」と思ったんです。だから予習はバッチリ。(前の記事)。

 

映画に行く前にThe Japan Times alphaをスタバで読みました。結構集中して読むことが出来ました。

 

img_4909

 

ちなみに楽しみにしていた恋愛の記事はあまり面白く感じませんでした。

「これってアメリカ人向けの記事だよね?日本人にはピンとこないなぁ。」と思いました。

 

まあ私が恋愛に興味が無いのが理由かもしれません。興味が無い記事は日本語で読んでも面白くありませんから。

 

 

さてThe Japan Times alphaを読んだ後は、早速映画館へGO!

 

 

映画館には、平日の昼間なのに結構観客が居ました。みんな大人でした。年齢層高め。

 

img_4912

 

感想としては

 

とても良かった💛です。

 

私の評価は、スコアを10点満点としたら9点です。

 

とにかくストーリーが良かった!それに出演者も良かった。

「あの俳優さん、海外ドラマで見たことがある~。でも名前分からない。」 という感じでした。

 

Sully(Sullenberger)こと飛行機のキャプテンのサリーをトム・ハンクスが演じています。全部白髪にしていてわざと老け役にしていたみたいです。

 

あと副操縦士役の俳優さんも良かったなー。(Aaron Eckhart)

 

e2e0ca490105196eab73e2ea212494d4_s

 

英語も結構分かりやすかったですよ。友人同士のカジュアルで早口な会話は聞き取るの難しいんですけどね。

 

 

以下、ちょっとネタバレになってしまうので、これから見に行く予定の方は読まないで下さいね。

 

はじめ、155人の乗客を救ったサリーがヒーローではなく容疑者にされてしまうのかとハラハラしました。

 

また映画では、実際の事故の様子を大げさではなく忠実に再現したそうです。その様子を飽きさせずに描いた監督のクリントイーストウッドはスゴイ!

 

0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_s

 

最後に本物のSullyと奥さんと乗客が出てきたのも良かったです。

 

久しぶりにいい映画を見たなーと思いました。

 

The Japan Times alphaを読まなければ、「ハドソン川の奇跡」を見に行くことは無かったと思います。

 

The Japan Times alphaで連載されているSTシネマ倶楽部では毎回英語の映画を紹介しています。来週も読むの楽しみだなぁ。

 

注釈・単語訳付きで辞書いらず。旬の話題と生きた表現が同時に学べる、一石二鳥の英字新聞「The Japan Times Alpha」

新規に購読契約いただいた方にもれなく、編集部オリジナル小冊子「2018年上半期 厳選 英語時事キーワード」をプレゼント!

You may also like...